スポンサードリンク

寝台特急北斗星号ツインデラックス乗車記

スポンサードリンク

以前寝台特急あけぼの号の乗車記をかきましたが、今回は北斗星号の乗車記です。まだEF81形電気機関車が先頭にたっていた頃のものです。残念ながらロイヤルはとれずA寝台2人用個室ツインデラックスとなりました。

f:id:aoiair:20190504231811j:plain

 

牽引機はネタ釜

偶然にもこの日はスーパーエクスプレスレインボー用に塗装されたEF81-95が担当でした。

f:id:aoiair:20190504231817j:plain

f:id:aoiair:20190504231825j:plain

 

A寝台シングルDX 個室内の様子

f:id:aoiair:20190504231918j:plain

車内に入ります。A寝台の扉がレトロですが威厳があります。

f:id:aoiair:20190504231904j:plain

 

そして室内の様子です。

f:id:aoiair:20190504231836j:plain

室内は二段ベッド仕様となっておりデスク、チェアが設置されています。天井もソロなどど違い一部屋で使えるため広く感じます。

 

f:id:aoiair:20190504231842j:plain

f:id:aoiair:20190504231851j:plain

浴衣はベッドに置かれていました。

 

出発

いよいよ上野駅を出発し北の大地 北海道を目指します。

f:id:aoiair:20190504231859j:plain

シャワーカードはあらかじめ食堂車に買いに行きました。すでに遅い時間しか空いていませんでした。

f:id:aoiair:20190504231910j:plain

 

食堂車 グランシャリオでディナー

f:id:aoiair:20190504231830j:plain

f:id:aoiair:20190504231928j:plain

この日はせっかくの機会ですからグランシャリオでのコース料理を予約しておきました。食堂車全盛期の時代を知らず、100系新幹線の2階や東北新幹線のビュッフェしか利用したことありませんので浮足立ちつつ食堂車へ向かいます。

 

オードブル  ホタテとカニのサラダ

f:id:aoiair:20190504231934j:plain

 

魚料理 ヒラメの湯葉包み蒸し

f:id:aoiair:20190504231939j:plain

 

肉料理 牛フィレ肉のソテー

f:id:aoiair:20190504231946j:plain

これにパンなどがつきました。大満足です。 

 

食事の後はシャワータイム

f:id:aoiair:20190504231952j:plain

先ほど買ったシャワーカードでシャワーを浴びます。同じA寝台でもロイヤルには個室内に設置されているのですがシングルデラックスは共用です。

6分間お湯が出るようになっており、ボタンで出したり止めたり出来ます。当時列車でシャワーが浴びられるってスゴイもんだと思いました。

 

就寝までの至福のひと時 

f:id:aoiair:20190504232004j:plain

パブタイムは結構混んでいたようですしお高くてらっしゃるので、ビールとつまみを買って個室に戻ってきました。サッポロクラシック大好きです。今でもたまにNEWDAYSとかで売っていると買っちゃいます。

f:id:aoiair:20190504231958j:plain

静かな客車の中で走行音を楽しみつつ就寝しました。

 

函館駅で機関車交換

f:id:aoiair:20190504231712j:plain

青森でEF81形機関車が切り離され、函館までの津軽海峡線ED79形機関車が牽引します。そして函館から終点札幌までDD51ディーゼル機関車重連が先頭に立ちます。

f:id:aoiair:20190504231726j:plain

隣のホームには特急白鳥号が。

f:id:aoiair:20190504231732j:plain

f:id:aoiair:20190504231738j:plain

 

噴火湾を見ながらの朝食

f:id:aoiair:20190504232013j:plain

f:id:aoiair:20190504231745j:plain

 

サラダに焼き魚、スクランブルエッグにソーセージ、そしてご飯とみそ汁というラインナップ。朝から客車の揺れに身を任せすてきな一日の始まりです。

f:id:aoiair:20190504231752j:plain

 

札幌到着

f:id:aoiair:20190504231805j:plain

苗穂に留置される車両軍を見ていたらもう終着札幌です。あっという間の時間でしたがなんとも贅沢で、そして日本は広いと思った次第。乗る機会があって幸せでございました。

 

aoiair.hatenablog.jp

aoiair.hatenablog.jp

 

 

 

スポンサードリンク

Copyright © 2019 旅や日々の備忘録 All Rights Reserved.